スレート屋根の棟包修理例

依頼方法のラベル 何故安いかのラベル フォームラベル サイト・マップラベル
屋根工事お助け隊の提携会社、施工例4:
       スレート葺き、棟包み破損交換の修理例
千葉県; スレート棟包交換修理
台風で、屋根の棟包が飛ばされてしまった。 屋根はスレート材(クボタ社のコロニアル)の実際は、棟部分の板金が破損してしまった。 スレート材一般的な、ことですが、スレート材の屋根の棟は、基本的に強風、暴風に弱く、良く飛ばされます。 またそのまま放置すると、横から雨が侵入して、徐々に心材の角材を腐食させ棟包を固定している釘がき、やがて板金を剥離させてしまいます。 定期的に板金と心材の交換が必要です。雨漏りの原因になりますので・・・
最近は、角材とともに、合成樹脂、プラスチック材料であるタフモックなどが使われ、ここの腐食を防いでいる。 ビスは、ステンレス製も用いられる。 

台風で飛んだ板金、雨で腐食した古い心材を撤去。
新しい心材を施工したところです。 
棟部分、新心材施工1  

棟部分、新心材施工2
スレート材(コロニアル、カラーベスは、株式会社クボタの商品名)棟部分の心材は、釘、またはステンレスのビスで屋根の垂木(屋根の基礎、骨組)に固定され、棟包みの板金は、この心材に釘、ステンレスのビスで打ち付けられます。 見れば分かりますが棟の際はスレート材と板金の間に、隙間があり、少し強い横方向の雨は簡単に棟部分の中に侵入します。 通気がよければ暫くすると水分は乾いてしますのですが、雨水が滞留すると、中の心材を少しずつですが、腐食させます。 また換気口がない場合は、長い期間のうちにどうしても通風が悪く、ダメージを受けやすいです。 構造上の問題です。 換気口を設けたほうがベターなことは言うまでもないですが、メーカーのは、もっと腐食をさせない部品の開発をして欲しいところです。 隙間をシリコン系の塗布剤でコーキングをしたりしますが、コロニアルにコーキング剤を使用する場合は、縁切りを実施しないと隙間から侵入した雨水が出てゆかず水が滞り雨漏りの遠因になります。 
お助け隊施工例のメニューに戻る
問い合わせフォームへ ラベル


終の連絡先_ラベル

屋根の葺き替え・修理の概算価格・相場を公開しています。また工事の見積を匿名にて、複数、依頼もできる
便利なサイトです。その他、屋根に関する相談・質問、なんでも御請けいたします

______Nobilis Works 「屋根工事お助け隊」/copy right all reserved_____
HP Top tag
fukukikae tag
屋根の部分修理
相場・概算価格
kouzou tag
屋根の材料
について
屋根の断熱
について
結露について
よくある質問
防音について
工事でやっては
いけないこと
瓦は地震に
弱いか??
工事見積の見方
風災で使える
火災保険
具体的な風災の
損害保険金額
運営組織
提携業者さん
の募集
リンクのページ