yanekouji_sub_top rennraku_denwa_number
屋根工事の概算、見積依頼方法 何故安くなるのか 問い合わせフォーム サイトマップ屋根工事

瓦屋根は地震に弱い??


1995年1月17日:阪神淡路大震災
1995年1月17日、早朝5時56分、轟音とともに阪神淡路大地震が発生しました。私は、当時、大阪の豊中市に住んでおりましたが、震源地から40Kmほど離れていましたので、住んでいたマンションは、大きな被害はなかったのですが、それでも震度6強の揺れです。近所の一戸建てのうちの瓦は大なり小なり落ちて、屋根はブルーシートがかけられていました。そんな家が数え切れないほどありました。そのとき、「瓦葺きの家はまず屋根に被害が及ぶ」のを目の当たりにしたものですから、家を建てるのなら、瓦葺きにしないほうがいい。と強く思ったものです。
ところが、瓦屋根が地震に弱いという考えを再考させる瓦の施工方法が開発されていたのです。「ガイドライン工法」とか「耐震工法」と言われる工法は、阪神淡路大震災を教訓として開発が進められ、震度6強でも瓦は落ちず、家が倒壊しても、屋根、瓦は、生き残るという優れた工法です。 次のURLからその様子が分かります。
http://www.kawara.gr.jp/33_guideline/gl3.shtml
独立行政法人防災科学技術研究所が行なった実験で、無補強の住宅と耐震補強を施した住宅(補強)を同時に揺らしたうえで、その揺れや倒壊状況を比較したものです。もともと、屋根を対象とした実験ではありませんが、実験では、耐震補強での瓦屋根施工の瓦は、屋根が傾いても、落ちていません。剥がれてもいないのです。この実験からガイドライン工法の耐震性能の優秀さが理解できると思います。
(住宅は倒壊しているが屋根は損傷がありません)
この実験の結論では、
建築基準法では、屋根の種類によって躯体の強度を決めることになっています。屋根にあわせて柱の太さや壁の量を決めるのがルールです。「屋根を軽くすれば耐震性能が向上する」というものではありません。 と言っています。
バランスの問題だと言っています。
つまり、瓦は、きちんとした工法で施工すれば、地震に弱いとは言えない。 屋根の重さで地震に弱くなるとは言えないということです。 ですから、これから家を建てようとするなら、屋根材料で、一番耐久性のある瓦を安易に外しては、いい家はできないと思います。
なんと言っても、耐久性を言ったら瓦に勝る屋根材は、残念ながら、まだありません。
⇒ 次ページ: 崩れやすい瓦屋根の棟について


問い合わせフォームへ ラベル



ボトムライン 連絡先



屋根の葺き替え・修理の概算価格・相場を公開しています。また工事の見積を匿名にて、複数、依頼もできる
便利なサイトです。その他、屋根に関する相談・質問、なんでも御請けいたします

______Nobilis Works 「屋根工事お助け隊」/copy right all reserved_____
トップページへのTag1
葺き替え相場メニューTag1
屋根の部分修理
相場・概算価格
構造へのTag1
屋根の材料
について
屋根の断熱
について
結露について
よくある質問
防音について
工事でやっては
いけないこと
瓦は地震に
弱いか??
工事見積の見方
風災で使える
火災保険
具体的な風災の
損害保険金額
運営組織
提携業者さん
の募集
リンクのページ