yanekouji_sub_top rennraku_denwa_number
屋根工事の概算、見積依頼方法 何故安くなるのか 問い合わせフォーム サイトマップ屋根工事

屋根の断熱

屋根の断熱について

 

夏、日中、屋根の表面温度は、80度以上になることがあります。相当な太陽のエネ
ルギーを屋根は受けています。瓦のような厚い屋根材ですと熱の伝わりはそれほど
でもありませんが、金属系の屋根材を使用した場合は、断熱が必須と言っていいで
しょう。 また家の大敵、湿気、結露はこの断熱と深い関係があり、屋根の寿命を考
えると、材料と工法を吟味しなければなりません

 

2つの断熱方法:

屋根の断熱には、主に2つが考えられます。
  ひとつは屋根材での断熱であり、もう一つは、天井での断熱です。

  屋根断熱は、図1のように、屋根材とコンパネとの間に断熱材を挿入する方法で、
  屋根の葺き替え時によく施工するものです。 天井での断熱は図2のように小屋裏
  (天井と屋根の空間)、の下側に断熱材を敷く、被せる方法です。

   
屋根断熱の方法  小屋裏断熱、天井断熱
図1 図2
 

図1:屋根断熱

 

屋根での断熱は、仕上げ材を葺き替える、新調するときになどに施工することが多く、コンパネと仕上げ材(瓦、スレート、ガルバリウム鋼板など)の間に施工し、仕上材が太陽から受ける熱を下の小屋裏、ひいては部屋の中に伝えないようにするものです。 この断熱材も仕上材に付随しているものや、断熱シートとして、施工するもの、屋根の裏側に吹き付けるものなどがあります。

太陽からの熱を屋根を通して部屋の中に伝えないようにするには、屋根での断熱は効果的ですし、必須です。特に金属系材料を施工したら、金属の熱伝導率は非常良いので、その熱を小屋裏、部屋に入れないためにも効果的な断熱材、工法をとる必要があります。 

また、小屋裏を納屋、ロフトにする場合は、天井での断熱が難しいので、屋根での断熱を考えるしか方法はありません == 断熱効果の高い屋根材、仕上げ材を選ぶ必要があります。(断熱材付の仕上げ材、断熱シートなど)


 

図2:天井断熱

 

天井断熱は、部屋と屋根、小屋裏とを断熱します。 非常に高効率の断熱性能が得られ、夏のエアコンの冷気を部屋に閉じ込め、屋根からの暖気をシャットアウトします。冬は暖房の暖気を屋根方向に逃がさず、屋根からの冷気を部屋に入れません。 本来、断熱の目的は、夏は部屋の冷気を逃がさず、冬は部屋を暖かく保つことです。 天井断熱は部屋の断熱ですので、屋根断熱より断熱する体積は小さくて済みます。 つまり屋根断熱は、居住空間として使わない小屋裏までエネルギーを逃がしてしまうので効率が良いとは言えないのです。

ですから、私は屋根の葺き替え時の断熱には、天井断熱をお薦めいたします。 
理由は:
    1: 小さい空間での断熱なので熱効率が良い(夏でも冬でも)光熱費に有利
    2: 屋根断熱は、冬、図からもわかるように換気口から暖気が逃げてしまう 
    3: 天井断熱は、湿った暖気を小屋裏に逃がさないので、後述する結露を
       防ぐという観点からも良い断熱方法です
    4: 屋根を葺き替えた後でも施工が可能。 (屋根とは別もの)
       (屋根断熱をして不十分でも追加の断熱として施工できる)
       などの理由によります。 

  結露について ⇒


問い合わせフォームへ ラベル

ボトムライン 連絡先



屋根の葺き替え・修理の概算価格・相場を公開しています。また工事の見積を匿名にて、複数、依頼もできる
便利なサイトです。その他、屋根に関する相談・質問、なんでも御請けいたします

______Nobilis Works 「屋根工事お助け隊」/copy right all reserved_____
トップページへのTag1
葺き替え相場メニューTag1
屋根の部分修理
相場・概算価格
構造へのTag1
屋根の材料
について
屋根の断熱
について
結露について
よくある質問
防音について
工事でやっては
いけないこと
瓦は地震に
弱いか??
工事見積の見方
風災で使える
火災保険
具体的な風災の
損害保険金額
運営組織
提携業者さん
の募集
リンクのページ